豆柴のブログ

末端食口への情報公開を求めます。

最後には、オモニが問題になる。

ある姉妹から頂いたアボジの御言葉です。

최후에는 어머니가 문제가 돼요.
最後には、オモニが問題になる。

어머니가 타락했기 때문에 빠지는 거예요. 그래서 부자시대로 들어가는 거예요.
オモニが堕落したので抜けるんだよ。だから、父子時代に入るんだね。

아들이 어머니를 불러 세울 수 있고, 아버지도 어머니를 불러 세울수 있는 거예요.
息子がオモニを呼び止めることができ、アボジもオモニを呼び止めることができるんだよ。

어머니를 보게 되면 핏줄이 달라요. 핏줄로 남는것은 부자가 남는거예요.
オモニを見れば、血統が違うんだね。血統で残るものは父子が残るんだよ。

알겠어요 무슨 말인지. 어머니는 밭이예요.밭
分かりますか?何を言っているのか?オモニは畑だよ。畑。

밭만있으면 어디에 심어도 얼마든지 맺히는 거예요.
畑さえあれば何処に植えてもいくらでも(実を)結ぶんだよ。

그렇기 때문에 부자관계는 혈통이 연결돼 있다는 거예요.
そのため、父子関係は血統が連続されているんだよ。

지금은 모녀탕감 복귀시대를 지나 부자복귀시대이다.
今は母娘蕩減復帰時代を過ぎて、父子復帰時代である。

이게 필연적인 숙명적인 길이예요. 이게 결정적인 사실이라구요.
これは必然的な宿命的な道なんだよ。これが決定的な事実なんだね。

(말씀선집 318권 172ㅡ173p)
(み言葉選集318巻172~173p)



・・・・

2013년 1월13일이 지날 때까지 어머니 자신이 자리를 못잡으면 큰일나는거예요.
2013年 1月13日が過ぎる時まで、オモニ自身が責任を果たせなければ、大変なことになるんだね。

(2009년 6월5일 천정궁)
(2009年 6月5日 天正宮)

応援お願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村

異端の御言葉とその実践力

お父様のご存命中に決定された事で、今現在残っている事があるでしょうか?

アボジは原罪をもって生まれました。無原罪でこの地に生まれた独生女に出会うことでアボジは原罪を脱ぐことができたのです。アボジは私に出会う以前に誰とも結婚すべきではなかった。」 2016.12.30(天地人真の父母様招請元老指導者特別集会)

そして、その御言葉の内容に沿った
行動と実践の結果は以下である。

お父様ご聖和後の「伝統抹殺」
成婚問答変更
天一国国歌を変更、
神様の呼称変更、
天聖経を7〜8割改ざん、
(お父様のサイン削除後、
お母様がサイン)
家庭盟誓を変更、
天福函廃止、
八大教材教本は廃止絶版、
原理本体論禁止、
相続者代身者追放、
祝福リングは、お母様のサインのみ
水沢里中央修練所は、売却更地に。
漢南洞国際修練所は売りに出され
統一神学校も売却、イーストガーデンも売りに出されるという
お父様の御言葉も再版未定続出
凄まじい。

応援お願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村

お父様に原罪が有ったとする史上初の分派

食口の皆さんお元気ですか。今年もよろしくお願いします。

お父様に原罪が有ったとする分派は史上初です。

その分派の名は、「世界平和統一家庭連合」。最近は隠さなくなって来ています。

どうか気付いてください。

www.youtube.com

応援お願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村

永田正治さんの「家庭連合によるアボニムの心情蹂躙=天一国国歌改ざん」

本当に悲しむべき事実です。

いかに天一国国歌の改ざんに、韓氏オモニの反逆の感情が現れているかが分かる内容です。

www.youtube.com

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村

つじつまの合う解釈

澤田地平氏のブログから
当ブログのカテゴリーを「家庭連合」に置き、随時情報の橋渡し的役割を担いたいと思い、このブログを始めた豆柴のブログです。
去る2017年12月10日の「真理を問う行動12.10」で澤田氏が解説している内容が的を得ていて、今までの疑問が綺麗に解けたような気がしました。というのは、なぜ、み言葉を変え、八大教材教本を廃止し、天一国国歌を変え、アボジの証しをしたがらないのか‥が今ひとつ具体的な理由がもう一つ足りないような気がしていたからでした。積年のアボジに対する心情の乖離、嫉妬、恨みがあったにせよ、宗教人であれば時間とともに許す心は自ずと現れてくるものです。しかし、オモニはアボジの伝統・痕跡を消し去る事を徹底しており、手を緩めていません。その中で、自分が6000年ぶりに生まれた無原罪の独生女だと証しした後に独生子イエス様を証しし、その後でなぜ独生子アボジの証がないのか疑問でした。独生子イエス様は証しするが、その後のアボジの証しは無い。真の父母一体がたてまえならば、独生女の証しがあれば、当然独生子であるアボジの証しがあって当然だからです。私は単に韓氏オモニが「イエス様の再臨はアボジではなく自分」だと思っているからだと解釈していました。
ところが、澤田氏の今回の解釈では、綺麗にこれらの疑問を解いてくれました。いや、そうに違いないという確信に近いものです。
2012年1月18日のあの事件の相手は、「イエス・キリストのつもり」ではなかったかという驚愕の解釈です。これで全ての韓氏オモニの“アボジ後”の言動の謎が解けるのです。仮にイエス様と自分が祝福を受けたとするなら、当然アボジを排除せねばならなくなります。というか、むしろ邪魔になってくる。それが全ての韓氏オモニの行動となって現れているのです。天聖経の改ざんから始まり、成婚問答の改ざん、家庭盟誓の改ざん、天一国国歌の改ざん、天一国国旗の変更、天福函八大教材教本の廃版廃止、神様の呼称変更、原理本体論の禁止、祝福リングの自分だけのサイン、天聖経の自分だけのサイン、文師堕落の血統論、そればかりでなく、世界中のアボジが辿られた聖地を売却し、痕跡を残さない徹底した排除は、全てこの事から来ていると解釈出来ます。これは食口にとって本当に悲しむべき深刻な内容です。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村

ある6000双婦人の訴え

澤田地平氏のブログ
「審判回避プロジェクト」より転載しました。
ある6000双婦人の訴え
天福宮前ビラまき2017.8.6 - YouTube

f:id:msksk118:20170809180028p:plain
全世界の家庭連合の食口、兄弟姉妹!
この訴えを聞いて下さい。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村

異教徒による聖地の蹂躙

「これは、イスラム国による聖地破壊の跡である」


と書くと、「ああ、やむを得ないのか‥」
とあきらめがつくだろう。

過去キリスト教のあらゆる遺産は、イスラム系により破壊尽くされた歴史を知っているためだ。

審判回避プロジェクトより引用

しかし、これが真のお父様を愛し、信じ、人生を捧げた者による所業だと言ったら、あなたは信じるだろうか?

主の国韓国は、今異教徒の手に渡り、主の歩まれた痕跡は蹂躙尽くされている。

家庭連合の真偽は、その成す業をみて判断できよう。

真のお父様が「ガラスのドームで覆ってでも保存せねばならない」と願った人類の遺産は今、異教徒に奪われ、瓦礫となった。

私達は、涙を流して人類の罪を悔い改めるほかない。



参考記事リンク
74「真理を問う行動2.26」報告| 審判回避プロジェクト|




応援して下さる方、クリックお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村